乳児湿疹の原因を追究しよう|赤ちゃんの肌を守る術

乳児には安心できるものを

ウォーター

どんなものがいいのかな

赤ちゃんのミルクや白湯などを与える際に欠かせないお水。少しでも安心で安全なものを与えたいですよね。そこでどんなものを与えたらいいのか、どんなことに気をつければいいのか紹介します。まず水といえば一番身近にある水道水が思い浮かびます。しかし手軽ではあってもこちらは塩素で消毒されているため、そのまま赤ちゃんに飲ませることは厳禁です。赤ちゃんに与える時は必ず毎回10分以上煮沸させましょう。ただし、一度煮沸させたものを長時間そのままにしておくと菌が増殖してしまうので、ミルクの度に煮沸させることが必要となります。赤ちゃんは待ってはくれないので、この時間が少しストレスに感じるかもしれません。次に簡単に使えて安心なのがミネラルウォーター。しかしこちらは含まれているミネラルの成分に注意しなくてはなりません。ご存知の方も多いと思いますが、ミネラルウォーターにはミネラルの硬度が高い「硬水」と硬度が低い「軟水」という種類があります。この2つのうちで赤ちゃんに与えることが出来るのは「軟水」です。硬水は赤ちゃんの胃腸に負担がかかりますので、使用しないようにしましょう。そして最後に紹介するのは、ピュアウォーターと呼ばれるものです。これは不純物など一切入っていない純水のことで店舗ではベビーコーナーに置いてあります。こちらは種類など気をつけることもなく赤ちゃんに安心して使えますので、とてもお勧めです。ぜひ一度、手にしてみてください。このようにそれぞれの水には特徴や気をつける点があります。性質などをよく理解して、納得した上で赤ちゃんに与えましょう。