乳児湿疹の原因を追究しよう|赤ちゃんの肌を守る術

清潔であることが大切

乳児

肌トラブルに負けない

赤ちゃんには乳児湿疹が現れることが多いです。乳児湿疹とは、わかりやすく言うと赤ちゃんの肌トラブルです。乳児湿疹には様々なタイプがあります。例えば、カサカサしているタイプの湿疹であったり、ベタついているタイプの湿疹があります。乳児湿疹はできる場所も様々であり、顔にも体にも現れることが特徴です。乳児湿疹はなぜ現れるのか、原因を探ります。赤ちゃんは大人と比べて肌のバリア機能がとても弱いです。とてもデリケートなため、すぐにトラブルに見舞われる可能性が高くなります。生後間もない赤ちゃんは、皮脂の分泌が盛んになります。また、汗をかくことも多いため、毛穴が詰まりやすい状態となります。皮脂の分泌や毛穴の詰まりが原因で、乳児湿疹ができてしまうこともあります。皮脂の分泌が盛んに行われたあと、赤ちゃんの肌は乾燥してしまう恐れがあります。乾燥が原因となり、乳児湿疹ができる場合もあります。乳児湿疹の原因は、主に皮脂の分泌や乾燥だということがわかりました。事前に予防するためには、常に赤ちゃんの肌を清潔に保つことです。赤ちゃんが汗をかいているときは、すばやく拭き取ってあげることが大切です。肌は少しの刺激でもダメージを受けるため、ガーゼなどの肌にやさしい素材で軽く拭き取ってあげると良いです。体に汗をかいている場合は、服を着替えさせる必要もあります。乾燥している場合は、低刺激のベビーオイルや乳液で保湿をしてあげる必要があります。

ウォーター

乳児には安心できるものを

赤ちゃんに与える水にはいろいろな種類があります。水質的に問題はなくても手をかけなくてはならないものや、成分を気にしなくてはならないものがあります。そのため、自分に合ったものを選ぶことが大切です。赤ちゃんのために理解し納得した上で、与える水を選ぶようにしましょう。

ベビーカー

赤ちゃん用品の選び方

ベビー服を選ぶ時は、綿100パーセントで大きめサイズのものを買うと長く使用でき便利です。ベビーグッズ販売店でも多数揃えているので、赤ちゃんにとって着心地の良いと感じそうなものを選ぶことが大事になってきます。